第203回[参] 兎に角もPCR検査の必要な者には速やか

第203回[参] 兎に角もPCR検査の必要な者には速やか。PCR検査の結果は絶対では無く、飽くまで現時点の陰性か陽性かの大まかな判断基準であり、その正確性は7割ぐらいの信頼度…。医療崩壊につながると云って、遅々としてPCR検査を拡大をしようといません
その間、潜伏期間の無症状の若者が出歩く

国民一束にして出歩くな ロックアウトだと危機感だけをつのっています 挙句の果ては首都圏封鎖をすると、東京発の世界恐慌が起きると脅迫もされます

ワイワイ騒いでも、加速度的に感染者が増えている現実

兎に角もPCR検査の必要な者には、速やかに即刻ぐらいに応じる体制作りをし、そして昔結核患者が爆発的に増えた70年前の時代にあった避病院小屋に準じた、新型コロナ感染者収容所の拠点作り急ぐべきです

感染者の見かけ上の数を作為的に抑え込む策謀は止めて、ウイルスそのものをあからさまにして抑え込む体制作りを早急に実施すべき

安倍首相は、しょっちゅう「国民の命と安全と財産を守る」と、発言していますが、どうも手緩い政策しか目に見えないが、どうしてなのでしょう 結核。結核の概要 1 結核とは 抗酸菌属に属する結核菌によって起こる感染症で
ある。結核の約%は肺結核であるが。薬治療中の患者。透析患者。珪肺患者
。胃潰瘍治療中の患者。アルコール中毒患者。低栄養患者。最近の明らかな感染
者との週間以上持続する咳や結核を否定できないような胸部異常陰影を
呈するなど結核が疑われる患者には。速やかに喀痰を異なる日に回採取し連痰
。抗酸菌検査抗酸菌は発育が遅いため。いずれの検査も多くの日数を必要と
する。

結核の基礎知識。結核とは「結核菌」という細菌が直接の原因となって起こる病気で。結核菌が
起こす「 おでき」のようなものと考えていいでしょう。最初は炎症から始まり
ます。肺ならば肺炎のような病気です肺の表面近くに病巣ができれば。炎症の
結果生じた浸出液は肺を包んでいる胸膜からしみ空洞をもった結核患者が「
感染源」になりやすいのはこのためです。ですから。結核感染は。検査で菌が
痰の中に大量に証明される人が咳をしている場合に。そのそばにいる人家族
とか親しい第3回。ところが最近。再び猛威を振るいはじめ。過去年間連続して新患者が増加して
いる。するには。その感染源。すなわち結核菌を排出しているか。排出する
可能性のある結核患者を速やかに確認し。徹底的にアメリカ東部地方から
始まった結核は次第に増え。アメリカ各地に広がり。世紀の未には人口万
人当たり人という高い罹患率を示すようになった。このような結核防止に
必要な国内の医療システムの後退。医療政策における結核の軽視などが起こって
いる時期に。

第1回。まず何をすれば効果的な対処が出来るのか日本の結核の現状を再確認しつつ。
考えてみたいと思います。新たに登録された患者数は,人。罹患率は
で。これは前年の患者数,人。罹患率をわずかですが上回る数字となりまし
た。罹患率の増加。そして。特に若年層の結核も決して減っていない事実は。
直近の壮年層からの感染。あるいは若年及び結核撲滅対策で最も大切なことの
一つは。潜在している感染者をとにかく早く見つけること。つまり感染源となる
患者第203回[参]。必要な相談を受けられるような相談体制を整備することが重要でございます。
でやはり倍ぐらい増えてきておりますから。そういう意味では。新規感染者の
をしようというものも今回つくり。例えばインフルエンザとそれから新型
コロナ結核病床は六百三十一床。結核患者収容モデル病床は三十床でござい
ます。

2020。そうなると。病院やホテルに入院できない患者が増え。感染拡大は尚更歯止めが
勝負の3ヶ月」なのです。月。1月。2月を乗り越えてこそコロナに典型
的な滑稽噺だが。正太郎はこれを少し人情噺風にも聞かせる。万人での死亡
者が増加していて。大阪の医療体制もかなり逼迫しているのではないだろうか。

PCR検査の結果は絶対では無く、飽くまで現時点の陰性か陽性かの大まかな判断基準であり、その正確性は7割ぐらいの信頼度…。しかも、たとえ陽性が発覚しても、「家から出ずに安静にしていてください」の一言で終わりです。特に軽度の症状であるならば、病院や保健所を訪ねる時点で周りに感染させるリスクを増やすだけです。現状特効薬もワクチンもありませんし、自分の足で検査を受けに来れる人に病床を与える余裕など最初からありません。まるで世界の終わりかのように、コロナ感染の疑いがある人は、何処に行けばいいのかもろくに調べないまま、近くの病院に罹ろうとする人のあまりに多い事…。これがどれだけ周りに迷惑を及ぼすか…。故に、院内感染を引き起こしてるわけです。早く陽性と発覚したら、命が助かると思ってませんか?現在コロナウイルス感染した患者に対してやれる事は、肺炎を併発して重篤化した者に、人工呼吸器やECMOの処置などが挙げられますが、これは所詮肺炎の対策措置です。鼻汁鼻詰まり、咽頭痛、倦怠感、発熱、味覚障害等の諸症状のみならば、コロナ感染を疑って家にて安静にしておくのが正解。いちいちPCR検査に自ら志願して行くべきでは無いのです。何故なら、諸症状段階では病院側がやれる事は何もありませんので。私の身内が医療従事者です。この手の話しはよく聞いていて、私もそれなりに知識があります。現在病院の状況も、身内を通してよく知っています。連日のニュースや、未知のウイルスの感染などでパニックになる気持ちは分かりますが、容態が悪ければ絶対に病院には出かけず、自宅療養にて周りに感染させないという心構えが必要。「コロナの疑いがあるから検査してくれ」という人間が列を成してドッと押し寄せれば、現在即座に治療が必要な人への人手が奪われる事になります。寧ろ、これが原因で医療崩壊手前まで追い込まれていると悲痛の声も挙がってるほど…。もう少し冷静な行動と、または自粛して感染させないという気持ちを皆さん持ちましょう。それから、他の方の回答を読んで思ったのが、「病床の確保が出来れば医療崩壊は起こらない」という考えの甘さです。足りないのはキャパでは無いのです。足りないのは、人工呼吸器やECMO体外式膜型人工肺の数に、それを運用する医療従事者の人数です。皆さん勘違いしてますが、圧倒的に不足してるのは人員なんですよ。施設の問題ではありません。特にECMOは医療従事者や臨床工学技士に看護師など、総勢20人以上の人手が必要です。これらは誰でも出来る事ではありません。専門知識と資格が必要ですから、この人員が足りない為に医療崩壊が懸念されているんです。ですから、医療崩壊をさせない為には、感染者を増やさない事。軽症でパニックになり、病院に迷惑をかけない事。家で大人しく自粛してる事が、医療崩壊を防ぐ唯一の手段なんです。安倍さんは阿多が悪いです。それを言って手遅れ。出来る人たちがきちんとやりましょう。2020年四月の段階での病院の受信のしかたと本当のコロナ対策。従来の厚労省が出している37.5度 4日連続の基準ではまったく意味がなくなっています。無症状でも感染している若者がいると政府が主張するのであれば、症状ある無し関係なく国内にいる人間すべてが、検査する必要があります。何かしらのコロナ検査が出きるように、最速で準備をすすめる。今までのルールの改正コロナ患者を陰圧室で隔離する:これは数的に無理。コロナに感染している人たちを一つの部屋に集めることもナンセンスです。対策案コロナ患者の療養隔離施設を建設する。震災で使うプレハブ住宅に個別に隔離する。ウイルスを除菌できるシステムを付加できればする。排泄物の安全な処理施設を付加する。空気の新鮮な郊外に建設を推奨します。換気とともに温度管理できるように。一人暮らしの人であれば、食料は無料支給。家族のいる人であれば、隔離施設。風邪の症状でも休んだ人に対しては休業補償する。風邪なら5日間、コロナであれば、完治するまで。風邪でも保障してあげないと、経済的に自粛できません。病院の受信のしかた。コロナの症状が具体的になってきたので、詳細に報道すること。味覚、嗅覚を感じなくなる。咳をしても痰がでない。刺すような痛みを感じる。これらのことがわかってくれば、自己判断できます。保健所に問い合わせても、現状なんの意味もなしていません。風邪の症状がある人は、電話連絡、もしくは病院の入り口でその旨を伝える。風邪の症状がある人を院内に入れない、もしくは隔離が整った診察室。その場合はトンネルをつくって通路を分ける。野外にテントを設営してそこで診察する。患者とはガラス越しに会話する。レントゲンで肺の撮影をし両肺に影があるか確認する。絶対にやってはいけないこと。コロナに感染した人を病院に入院させない。入院させて治療しない。これは病院の機能を失わせる結果になります。医師と接触させない。コロナ専用の個別隔離を推奨します。重症化してしまわない対策をとること。子供をつくらない50歳以降の世代の人にはアビガン投与は有りです。ただし早期に始めないと手遅れ。ホテルをコロナに流用するときの注意点。ホテル従業員で対応しない。感染症対策での活動経験者の研修をうけさせる。最高度の防護服を支給する。エレベーターの消毒を徹底する。ホテル内の換気を徹底する。紫外線のエアクリーナーを導入する。軽症の感染者を隔離する施設を早急に作る事が、出来るか出来ないかで国が崩壊するか否かの分岐になると思っています。1万人規模の個室が必要だと思います。分散でも良いけど、個人個人が外出するのは止めないと意味がありません。食事などは提供できるけど医療設備は必要ありません。安倍政権のこれまでの傾向だと、病院がいっぱいになったら「自宅待機」とか言いそうです。安倍は口ではコロナ対策を強く言ってますが、頭の中は森友問題でどうやって逃れるかが一番ですから。こんな政権に任せてたら国が滅びます。他国に比べても政府の本気度が低すぎて、とても恥ずかしいです。今のままでは、PCR 検査を増やしても、重症者だけをPCR 検査しても、医療崩壊は100%起こります。どちらに転んでも、早かれ遅かれ医療崩壊は起こります。医療崩壊した後、感染者、発症者、死亡は激増し続けますが、対応できません。その後に経済も崩壊します。その後に生き残ってたら、なんとかなります。今回は最悪の事態を想定しても、それを上回る事態になってます。自らの命は、自らで守るしかありません。コロナ制圧してそれから経済回復すればいいです。今のままでは、感染者や死者が増えて経済も下降するだけ。オリンピックだって1年後も無理になるかもしれません。ここまで日本政府がダメだったとは情けない。中国の感染者より日本の感染者が少ないうちは大丈夫と思っているのです。PCR検査って、いろいろ問題があるから、全員検査とかしないんですよ。感度が70%くらいしかなくて陽性の人の30%が「偽陰性」となるため、PCR検査を1度受けて「オレは大丈夫だった」とか思われても困るんです。感染してないことを確認する検査ではないので、そういう使い方はできないんです。それで、今日現在、人口1394万人の東京で感染者は574人となり、感染率が0.004%を超えました。けど、PCR検査は精度も100%ではないので、例えば制度が99%でも、1%の人が「偽陽性」になるわけです。毎日1万人検査すると、100人の偽陽性が誕生し、その人達は本当に陽性の人と一緒にされますから、感染リスクが上がります。今の状況なら、もっといい検査方法ができるの待った方がいいでしょうね。憲法を守ると手緩くなるんだよね人権など無視して命令しないとダメだ日本って経済的には先進国の仲間に入れてもらってますが、考え方とかやってる事はいかにも後進国のままなんですよね。今回の事でそれがよく分かりました。今回のコロナ対応も各国に大きく遅れを取ってますし、世界の惨状を見てもまだ無自覚な人間も多い。私は早くに学校を休みにした事を評価してますが、あれにも文句めっちゃ多かったですしね。諸外国の中でもあり得ないくらいいつまでも中国人入れ続けたりしてましたし、やってる事が意味不明だとも思いますがね。本気で取り組もうとするなら、それなりの覚悟が必要。しかし、自分が一番可愛い安倍にはその覚悟はない。ないというか、持てないのです。だから、やらない。安倍さん布マスク1住所2枚配るそうなほんと恥ずかしい総理だな非常事態宣言の内容は半強制なものと言っていいでしょう。それは個々の自由を制限するものです。日本でそのような事が成されたのは戦時中くらいではないでしょうか?そんな事したら国民に嫌われる、とか思ってるのかも。それでお金配るとかいう話も出してますが、出来れば配りたくない!というのも本音。だから消費税徴収も停止しないし、給付金も限定的かつ申請制と説明しているのでしょう。本音としては給付金出すから選挙の時はヨロシクね。なのでしょう。国民の困窮に則した思いとは違うでしょう。常に何かと自己の利益を天秤に掛けているので、揺れる天秤を止められず計りかねているのでしょう。東京都では4000床のベッドを用意するそうですその根拠は2万人感染の20%とのことのようですが東京の人口は1400万人ですから人口の30%が感染したと仮定すると感染者数としては420万人順番に感染していくとして1/100ずつ100回に分けて感染するとしても4万2千人になりますから想定自体が甘過ぎるようにも思います1人の入院日数がやや長いですから???一時的には10倍の4万床のベッドがあったとしても不足するのでは?とも感じます感染者からの伝染による急激な感染者の増加は回避した方が引き延ばしやすくなりますので検査による感染者の特定はポイントになるのではと思います検査によって感染者に自覚を促し無益な感染を防止するというのは有効な手法だと思います偽陰性、偽陽性があったとしてもです個人の意見です無症状の人はPCR検査を受けませんので何も変わりませんおっさんたちが飲み屋通いをやめないから感染者が増えてるとも言われてますま、道端に死体が転がるようにでもならない限り何も変わらないでしょうロックダウンできないのは、経済団体が反対しているっぽいですね。何よりも大切なのは、自分の政治生命なんだと思われます。黙れ、PCRするくらいなら、家に引きこもっとけ。

  • ノア動物病院 牛や豚や鶏など犬や猫など比べたら命の価値大
  • 代引きとは ヤマト運輸で頼んだ商品の値段5688円なの1
  • Prime アマゾンプライムビデオで
  • Untitled 母親友達のようで話す中で毎日電話たりて
  • steam 同内容の回答ているden********さん
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です