JILPT 人間が帰属意識を持つ対象自分が属する集落に対

JILPT 人間が帰属意識を持つ対象自分が属する集落に対。田舎の集落育ちの私からすれば、あり得ない事です。人間は、依存的な意識をまったく持たずに、そのコミニュティーの中に交われるということもあり得るのだと思われますか ??? 田舎などに越したときに、よそ者扱いというのを受け、なかなかその地域に馴染むのが難しいという話を聞きます そこの長老的な人と親しくなることで、集落のみんなから受け入れてもらいやすくなるという話を聞きます これらのことから、人間が抱く「帰属意識」というものについて考えます 人間が帰属意識を持つ対象(自分が属する集落に対しては、自覚的にせよ、無自覚的にせよ、帰属意識を持っている人たちが大半だろうと考える)、いまの場合「集落」ということになるが、その帰属意識をなぜ持つのだろうかと考えたとき、一つに言えることは、そこには依存的な意識が必ずあるのではないかと考えます そしてそれはなぜなんだろうかと考えてみます 人間がオギャーと叫びながら母親の胎内から出て来たときから、「不安」という感情、それがゆえによりしっかりとしたもの、自分の身を守ってくれるものへの「依存」というものが始まるのだろうと想像します その乳幼児期における「依存」が根っこにあって、人は、より強きもの、より頼もしきものに対して、寄りかかろうとする意識を持つのではないか 人間は社会的動物だから、自分が属するコミニュティー(準拠集団)の長(おさ)から、嫌われたくない、できれば好かれたいと思う意識が持つのではないか 「鶴の一声」という言葉があるが、そのコミニュティーの長(おさ)の一声で、場全体の空気の流れが、どっと変わってしまうことがあるというのは、大抵の人は会社その他色んなところで経験しておられるだろうと思う 人間は、依存的な意識をまったく持たずに、そのコミニュティーの中に交われるということもあり得るのだと思われますか 集団家族?友人?大学?アルバイト先に対する。人は他者との間に関係を築き,集団に所属し生きている。集団への帰属意識
さらに,どの集団 にも帰属意識を持たない人に比べ,帰属意識の高い集団を
種類持つ人は,自尊し,自分を出すことができ,その結果,その集団に対する
帰属意識が生まれ,その集団が 心の居場所となる。の享受等の要素を 高め,
主観的幸福感に正の影響を及ぼしている構造となっている ” という結果が出て
いる。

JILPT。当然雇用労働者はその所属する会社に対して強い集団帰属意識を持ち。そのため
に全力を尽くして働くことになる。重要な点は。我が国では。会社は。そこに
所属する従業員の生命に対してまで保護を与えているということである。
いずれにせよ。社会心理学だけではなく発達心理学や臨床心理学との境界領域
における研究も含めて。自己に関わるさまざまこれら二つの体系が個人の自己
概念を構成することになるが。社会的アイデンティティ理論が関心をもつのは
前者の社会的帰属意識の意味をきちんと理解して組織づくりを出来ていますか。帰属意識が高い人は。これらの所属する集団に対して一体感を持っており。愛着
や興味?関心などが強いことがそうすることで。「会社は自分たちのことを
しっかり考えてくれている」と社員たちにも想いが伝わります。

「帰属意識」の意味とは。帰属意識を持って働く社員は会社への定着率が高く。熱心に働いてくれる存在
です。しかし。終身雇用制度が崩壊しつつある現状。社員が持つ帰属意識が希薄
になりつつあります。さらに。働き方改…また。企業そのものだけではなく。
企業が供給する商品やサービス。自分が所属する部署への帰属意識も存在します
。このように。これは。従業員個人が組織や仕事内容。職場環境や人間関係
などに。どれぐらい満足しているのかを測る指標です。従業員満足度が帰属意識を高めるために必要な条件は。例えば。私たちは家族や会社。国家など様々なものに所属しておりますが。
それぞれに対し所属している意識を感じているはずです。 そういった自分が何か
の集団に含まれていると感じる意識。当事者性を感じている意識を帰属意識と
呼びます。多くの企業が従業員の帰属意識を高めるために様々な取り組みを
行っているのはそのためです。反面。高い帰属意識を持った従業員は意欲的に
仕事に取組みますので。高いパフォーマンスを発揮してくれるのです。

田舎の集落育ちの私からすれば、あり得ない事です。そもそも依存的な意識を持っていない、持ちたがらない人間は人里離れた所でひっそり住みたがるでしょう。田舎の集落で馴染めない者は排除されます。だから依存せざるを得ない状況に必ず陥ります。田舎の集落は小さな社会主義国のようなもので、コミュニティに依存、帰属しなければ生きていけません。生活様式が既にコミュニティと密接しているのです。分かりやすいのは田んぼの水で、これは集落の皆でそれぞれ水を調節してお互い分け合っています。でもコミュニティから外れた者には水が全然来なかったり、量がめちゃくちゃに調節されたりして作物がろくに育たないように嫌がらせをされる。このように生活とコミュニティが直結しているため、いくら自分で依存意識を持っていなかったとしても強制的に意識を持たせられるのが現実です。頑なに持っていなければ、排除される。しかし集落でなくとも、人は誰しも何かしらのコミュニティに依存していると思います。趣味なら趣味の、ネットならネットの、会社なら会社のそれぞれのコミュニティに属して人間は安心感を得られているのです。依存と安心は紙一重であり、どれだけ依存していないと思い込もうが事実、人は依存なしでは生きていけないのです。帰属意識と言うのは、まず前提として、その個人が所属する団体を好きなこと、必要性があることが必要です。②1有用時における不安は、両親、家族に向けられるもので、共同体に向けられるものではありません。自分の所属する集団から嫌われたくないと思うことはあれますが、それがいじめの根本原因となっていて、帰属意識に全てが集約されるわけではないのです。依存的な意識をまったく持たずに、そのコミュニティーの中に交われるかどうかなどと言うのは、日本だけの話しで、日本でもすでにそういうところはへりつつあります。物事を一面だけみずに、多方面から見るようにしてください。罪のない人を、自分よりも上だからと言って嫉妬し、ブラックリストに入れているようでは、いつまでも正しい知識にはたどり着けませんよ。あり得ると思います。いろいろと条件が付きますが、質問者さんの想定とは異なるかもしれけど。引っ越してはきたが、将来は前の居住地に戻り、引っ越し先の集落に永住する気はない。その人も気持ちには、前の居住地に「帰属意識」があると思われます。集落の人と仲良くし、集落の慣習に従うのも可能な範囲でやればよい。なお、生活するためにはその集落の人たちとの友好的な付き合いは必要。でも、その集落に帰属意識を持つことはない。「依存」については、50対50もありうる。その集落から助けを得ながら、自分もその集落のために働くなど。相互の助け合いでしょうか。可能です。客観的には共同体に依存しまくっている人でも、主観的にはそんな自覚はまったくない人もいると思われます。人間の認識は物理現象を無視することも出来ますのでどんな妄想的な自己像をふくらませる事だって可能なのです。自身のことを比喩ではなくホンモノの神だと思ってる人や、何らかの組織から常に監視され続けていると思い込んでいる人、自分以外の人間は密かに全員宇宙人に替わられていると信じて疑わない人だって居ます。そういう人に、それでは説明できない様々な事実を提示しても自分の妄想に不都合な事実は頑なに度外視して無視します。それと同じように、自分はまったく共同体に依存せず自主独立して生きていると言う自己像を持っている人に、どれだけ周りがその人を助けているかを提示しても聞く耳は持たないでしょう。それは人間にとって自身の世界像を守ることが自身の自我を守ることとイコールだからです。自我の足場としての強固な世界像の設定が有って、初めて自我が安定するのです。一般に広く共有されている世界観とは異なる珍奇な独自の世界観を構築して堅持している人たちは、一般的な世界に安住する居場所が無く自我がひどく不安定なのです。その崩れそうな自我を安定させるために、自我に合わせて世界像を改変しているわけです。したがってどんなにその人の世界像に反する事実を突きつけられてもそれを認めてしまえばその人自身の自我の安定が崩れますからなりふり構わず激しく抵抗し、明白な事実をも度外視して考えないようにできるのです。そういう人は、世界像の改変にあたって不都合な客観的事実を無意識の内に心理的盲点を作って認識から排除していますが、心の片隅に押しやって見ないようにしているだけなので常に見ないようにする努力が必要です。一歩でも譲歩すればそこから亀裂が大きくなって全てが崩れて破綻すると薄々感じているからこその常軌を逸した頑なな抵抗となって表れるのです。

  • 見落としがち 所得ふるさ納税払う事所得ふるさ納税控除分引
  • 好きな人を夢中にさせる つい駆け引きてま好きなる臆病なっ
  • 食欲が無い時でも 当分じゃいか食べれなさそうなのでマヨネ
  • ソフトバンク柳田の4番だけは 柳田のいない現在のソフトバ
  • サスペンス デヴィッド?フィンチャー監督のセブン大好きな
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です